志望大学合格への近道|苦手科目を克服出来る個別指導塾

先生

塾で対策をする 

作文用紙

大学の入試を突破するためには、小論文も勉強する必要があります。主に1次試験ではなく、2次試験で出題されることが多くあります。ですが、受験する大学や学部によっては、小論文ではなく違う科目が出題される場合もあります。大学受験を予定している学生は、自分の志望する大学の学部の2次試験の科目を確認しておきましょう。

志望する大学の学部が2次試験で小論文を出題している場合は、事前に対策をすることが大切です。なぜなら、今まで書いてきた作文とは、テーマがあり、構成も書き方も違うので、作文のように書いてしまうと落とされる可能性もあります。ですから、2次試験前に小論文対策を行なっている塾を探しておき、何度も繰り返してテーマに沿って書いて、講師に間違いを添削してもらいましょう。

テーマは受験当日までわかりませんが、練習問題を何度も解いて講師に添削してもらううちに自分で小論文のコツを見つけることが出来るでしょう。基本的はテーマを自分の中に落とし込んでから、読み手を説得させることが重要です。そのため、思考力と読解力、そして論述力が必要とされる試験内容となっています。これはすぐに身につくものではないので、しっかりと小論文対策を行なっている塾で習うことが大学合格への近道です。自分の表現方法で、自分の考えや想いを読み手に伝えましょう。受験当日にどんな小論文のテーマが出題されても大丈夫なように、応用力も見つけておけば合格はさらに近づきます。